東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

北勝富士、不屈の押し 稀勢寄り切る 3場所連続金星

稀勢の里(左)に頭をつけて攻め込む北勝富士

写真

◇大相撲九州場所<7日目>

 横綱白鵬は新小結阿武咲を突き落とし、7連勝で単独首位を守った。横綱稀勢の里は北勝富士に寄り切られ、今場所三つ目の金星配給で3敗目。自身3個目の金星を挙げた北勝富士と逸ノ城、荒鷲、隠岐の海、安美錦の平幕5人が1敗で追う展開となった。

 かど番大関の高安は千代の国を押し出して5勝目。大関豪栄道は松鳳山の押しに屈し、関脇御嶽海は玉鷲に押し出され、ともに2敗に後退した。

    ◇

 右からおっつけても、頭をつけても動かない。「何回も折れそうになった」という心を奮い立たせ、北勝富士は横綱を押し続けた。「引いてくるのを待って、待って」。いなされても何度も向き直り、最後に隙をついて左をのぞかせた。空回りしていた両足を一気に前へ運び、寄り切った。

 名古屋場所では横綱初挑戦で鶴竜を破り、涙を浮かべた。日馬富士に土をつけた秋場所は、立ち合いで頭と頭をぶつけた後の展開を覚えていない。3場所連続の金星で、やっと自分の力を実感できたのだろう。支度部屋では「涙はもういいです」と笑みが絶えなかった。

 自己最高位の東前頭2枚目で迎えた先場所は、途中で左手首を痛めて負け越した。今場所は手首に腫れが残る中、早くも6勝目。「稽古と違って一番だけだから大丈夫」と痛みに耐えて闘う姿勢は、稀勢の里から学んだ。左上腕部を痛めた横綱が逆転で春場所を制した記憶は今も鮮明だ。「あれだけの大けがをして優勝する強さがある。痛い顔を見せずに土俵に立っているのがすごい」と憧れる。

 稀勢の里が2010年の九州場所で白鵬の連勝を63で止めた時、北勝富士はまだ高校生だった。「どっしり構えて肝心なところで勝ってるイメージ」と仰ぎ見ていた存在を破り、8日目は初勝利を懸けて白鵬に挑む。

 場所前、出稽古に来た横綱に胸を借りた時は「手のひらで転がされている感じがした」と力の差を見せつけられた。だが、もはや気後れはない。白鵬が独走態勢を築きつつある中、「(優勝争いを)かき回してやる」と台風の目になるつもりだ。 (浅井貴司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報