東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

稀勢の里、休場 4場所連続

稀勢の里

写真

 大相撲の東横綱稀勢の里(31)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が二十一日、「腰部挫傷・左足前距腓靱帯(ひじんたい)損傷により、約一カ月間の安静加療を要す」との診断書を日本相撲協会に提出し、九州場所十日目から休場した。稀勢の里は九日目の宝富士戦で五敗目を喫していた。

 休場は全休した秋場所以来四場所連続五度目。新横綱だったことし三月の春場所の日馬富士戦で左上腕と左胸を筋挫傷してから不振が続き、七月の名古屋場所では左足首を痛めて途中休場した。

 この日朝、師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は「いろんなところをかばって痛みが引かない。本人から昨夜、あすから休場していいですかと(言ってきた)。朝様子を見て、休場せざるを得ないと判断した。しっかり治し、次の場所につなげたい」と話した。

 十日目に対戦が組まれていた千代の国は不戦勝。今場所の十両以上の休場は八人目(碧山は再出場)となった。鶴竜、日馬富士に続いて三横綱の休場は秋場所以来二場所連続となった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報