東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

白鵬、不服態度に厳重注意 審判部

 日本相撲協会審判部は九州場所12日目の23日、横綱白鵬を取組前に呼び、11日目の関脇嘉風戦で敗れた際に立ち合いの不成立を訴えた行為に対し、伊勢ケ浜部長代理(元横綱旭富士)らが口頭で厳重注意した。

 白鵬は嘉風との立ち合い後に「呼吸が合わなかった」と判断して力を抜いたが、立ち合いは成立して寄り切られた。土俵下で「物言い」をつけるよう促すしぐさなどを繰り返し、さらに戻った土俵上でも頭を下げることなく、勝負判定に不服な態度を示した。

 伊勢ケ浜部長代理は「負けたら土俵に上がって礼をするというルールがある。相撲を取った本人が物言いをつけられないことも教えた。(横綱は)力士の一番の見本。自分の価値を下げないよう、きちんと行動するように注意した」と説明した。

 白鵬は土俵入りの2時間ほど前の午後2時前に会場入りし、審判部に直行した。伊勢ケ浜部長代理は「本人も真摯(しんし)に話を聞いて反省していた。きちんとする、ということだった」と白鵬の様子を話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報