東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

清宮「日本を代表するバッターに」 日ハム入団会見

新入団選手発表で、背番号「21」を披露する清宮幸太郎内野手

写真

 日本ハムは24日、札幌市内で新人7選手の入団記者会見を行い、ドラフト1位で指名された東京・早実高の清宮幸太郎内野手は「この北海道という地であらゆる可能性を存分に伸ばし、日本を代表するバッターになれればいい」と意気込んだ。新入団選手は次の通り。

 【ドラフト】1位 清宮幸太郎内野手(18)=東京・早実高、184センチ、102キロ、右投げ左打ち、背番号21▽2位 西村天裕投手(24)=NTT東日本、177センチ、87キロ、右投げ右打ち、35▽3位 田中瑛斗投手(18)=大分・柳ケ浦高、184センチ、70キロ、右投げ左打ち、46▽4位 難波侑平内野手(18)=岡山・創志学園高、178センチ、76キロ、右投げ左打ち、55▽5位 北浦竜次投手(17)=栃木・白鴎大足利高、184センチ、85キロ、左投げ左打ち、63▽6位 鈴木遼太郎投手(21)=東北学院大、183センチ、83キロ、右投げ右打ち、50▽7位 宮台康平投手(22)=東大、178センチ、83キロ、左投げ左打ち、52

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報