東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

大東大が22年ぶりV ラグビー関東大学リーグ

22年ぶり8度目の優勝を決め、喜ぶ大東大フィフティーン。左端は青柳監督=秩父宮で

写真

 関東大学リーグは25日、東京・秩父宮ラグビー場などで行われ、リーグ戦の大東大が中大を29−10で下し、22年ぶり8度目の優勝を7戦全勝の勝ち点28で決めた。中大は3勝4敗の同16。

 大東大は前半13分にナンバー8のA・ファカタバのトライ(ゴール)で先制。後半6分に1トライを返されたが、その後に4トライを集めて突き放した。

◆低迷から復活 7戦全勝 つかんだ歓喜

 大東大が全勝で22年ぶりの優勝に花を添えた。棄権さえしなければ1位が決まる中大との試合は後半途中まで2点差と思わぬ展開を招いた。苦しみながらつかんだ歓喜を、前回の優勝を選手として知るOBの青柳監督は「心からうれしい」とかみしめた。

 自信を持つFW陣の分厚い攻めと、素早いカウンターで後半途中から流れをつかみ、16、25、31分と連続トライ。25分は1年生のSH南が約30メートルを走り抜けてトライを奪い「前しか見てなかった」と初々しく笑った。

 1980〜90年代に3度の大学日本一に輝いたが、近年は低迷が続いていた。リーグ戦覇者として挑む全国大学選手権ではさらなる強敵が待つ。青柳監督は「少しでも油断すると危ないと分かったと思う。集中して準備したい」と気持ちを引き締めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】