東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

横綱日馬富士が引退 貴ノ岩暴行で引責

日馬富士

写真

 暴行問題を起こした大相撲の横綱日馬富士(33)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が現役引退を決めたと二十九日、師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)が明らかにした。親方が日本相撲協会に引退届を提出したことも関係者の話で分かった。

 日馬富士は同日午後、福岡県内で記者会見する予定。鳥取県警の捜査や相撲協会危機管理委員会の調査が進む中、不祥事の責任を取る形で自ら身を引くことを決断した。大きな汚点を残し、人気回復した角界にとって打撃となった。

 日馬富士は日本国籍を持っていないため、親方として相撲協会に残ることはできない。

 秋巡業中の十月二十五日深夜から二十六日未明に鳥取市内での酒席で、同じモンゴル出身の平幕貴ノ岩(27)に暴力を振るい、けがを負わせた。捜査関係者によると、貴ノ岩の態度に立腹し、平手やカラオケのリモコンでの殴打を認めていた。相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会からは「非常に厳しい処分が必要」との指摘を受けていた。

 日馬富士は「安馬」のしこ名で二〇〇一年初場所に初土俵を踏み、細身ながら闘争心あふれる取り口で活躍。一二年秋場所後に第七十代横綱に昇進した。優勝九度、史上六位の幕内七百十二勝の実績を残した。十一月の九州場所は暴行が発覚した三日目から休場していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報