東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

「横綱として責任」 日馬富士 暴行で引退

 大相撲の平幕貴ノ岩(27)を暴行して負傷させたとして鳥取県警の事情聴取を受けるなどした第七十代横綱日馬富士(33)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が二十九日、現役を引退した。日馬富士は同日午後、福岡県太宰府市内で記者会見し、「貴ノ岩関にけがを負わせたことに対し、横綱としての責任を感じ、本日をもって引退させていただきます」と語った。

 日馬富士は十月二十五日深夜から二十六日未明にかけ、鳥取市内の飲食店で貴ノ岩を殴ってけがを負わせた。暴行した理由について「弟弟子が礼儀と礼節がなってないときに、それを正し、直し、教えてあげるのが先輩としての義務。弟弟子の未来を思って叱ったことが彼を傷つけ、みなさまに迷惑を掛けることになった」と説明した。

 日本相撲協会の諮問機関である横綱審議委員会から厳しい処分が必要との意見があり、協会からも相当の処分が下される可能性が高く、その前に自ら身を引いて責任を取った形。会見では「世間をこんなに騒がせてすみません」と謝罪した。

 二代前の横綱だった朝青龍も二〇一〇年、酒に酔って知人男性に暴行したとして、現役を引退した。二人続けて不祥事による「引責引退」で、角界にとっても大きなダメージとなる。

 九州場所中の十一月十四日に事態が発覚し、日馬富士自身はけがを理由に同日から休場。鳥取県警や協会の危機管理委員会による聴取に応じ、暴行について認めていた。

 〇一年初場所で初土俵。〇九年初場所で大関に昇進し、しこ名を「安馬」から改名。一二年の九州場所で横綱に昇進した。

◆角界 根深い暴力体質

<解説> 日馬富士は横綱の地位を汚したことを引退理由に挙げ、貴ノ岩やファンに謝罪した。暴行については、礼儀をわきまえない後輩を指導するためだったと説明した。では、殴るという行為自体は、どこまで反省しているのか。

 会見では、貴ノ岩に暴行後「叱ってくれるお兄さんがいることに感謝しろよ」と声を掛けて握手したと明かした。「彼のために殴って、正しいことをしているという気持ちが強すぎると、行きすぎることがあると思った」とも話した。暴力は駄目という意識が希薄すぎると言わざるを得ない。

 朝青龍に続き、力士の模範たる横綱が暴力による不祥事で土俵を去った。日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は二十九日、「どのような理由があろうとも、暴力を肯定することはできません」とコメント。当たり前のことをトップが言及しないといけないほど角界の暴力体質は根深い。

 暴行の具体的な内容については、師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)が警察の捜査を理由に説明を拒んだ。結局、どんな暴行が加えられたのか、分からないまま。まずは協会の危機管理委員会による調査で事実を徹底的に解明し、社会に明らかにすることが必要だ。そこから、暴力一掃へのさらなる努力を始めないといけない。 (平松功嗣)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】