東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

五輪で「体育の日」移動構想 超党派議連が調整へ

 二〇二〇年東京五輪で都内の道路交通の混乱を避けるために開幕日の七月二十四日と前日の二十三日、閉会式翌日の八月十日の三日間を休日とする構想で、超党派のスポーツ議員連盟幹事長の遠藤利明元五輪相は三十日、十月第二月曜日の「体育の日」を移す方向で調整を進める考えを明らかにした。七月第三月曜日の「海の日」、八月十一日の「山の日」を移す案も関係団体に協力を求める。いずれも二〇年に限っての措置だが、来年の通常国会をめどに法整備が必要となる。

 遠藤氏は三十日、超党派の山の日議連総会に出席し、開幕日当日と前日は外国首脳ら多くの要人が来日、閉会式翌日も関係者が一斉に帰国することが想定されると説明。休日移動への理解を求めた。

 全国山の日協議会の磯野剛太理事長は「私どもの立場としては原則八月十一日を維持したい」と慎重姿勢を示し、会合後に「かなりの反発が出る恐れがある」と述べた。超党派の国会議員らでつくる海事振興連盟は今月二十一日の総会で「海の日」をずらす案に反対の決議をした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報