東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

糸数、62キロ級で銀 重量挙げ男子36年ぶりメダル

男子62キロ級トータル299キロで銀メダルを獲得した糸数陽一=アナハイムで(共同)

写真

 【アナハイム=共同】世界選手権第2日は29日、米アナハイムで行われ、男子62キロ級で昨年のリオデジャネイロ五輪4位で26歳の糸数陽一(警視庁)がスナッチ134キロ、ジャーク165キロのトータル299キロで銀メダルに輝いた。日本協会によると、日本の男子選手が世界選手権でメダルを獲得するのは1981年以来36年ぶり。

 28日のB組で競技を終えていた高尾宏明(自衛隊)は8位が決まった。

 女子48キロ級では28日のB組で競技を行った柳田瑞季(九州国際大職)が10位、高橋いぶき(金沢学院大)が14位となった。

◆最終試技逆転逃す

 最終試技を前に、トップだった糸数はコロンビア選手に1キロ抜かれて2位に後退した。ジャーク3回目は昨年のリオデジャネイロ五輪で持ち上げたジャークを1キロ上回る170キロに設定し、逆転の金を狙う。歓声の中で挑んだが「両腕がつった」とバーベルを落として失敗し、2位が確定。それでも、日本男子で36年ぶりの栄誉を手にし、静かに一礼して引き揚げた。

 日本選手団の祝福の輪に包まれた糸数は、メダルを胸に「日本人として久しぶりに表彰台に立てたのはうれしい気持ち」と誇らしげだ。世界選手権で優勝経験を持つ日本協会の三宅会長も「よかった、よかった。やっぱり、もう、東京五輪に向けてやりがいがある」と興奮を隠せない。

 昨年のリオ五輪で4位に食い込んだ糸数は、高いレベルを体感したことで、練習から世界の強豪を想定して取り組むよう心掛け、安定性を追求してきた。

 ジャークは練習で173キロを挙げているだけに「最後の勝負で詰めの甘さが出た」と、悔しさものぞかせる。金まで1キロだったが、名勝負に銀が一層輝いた。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】