東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

女子追い抜き、再び世界新 スピードスケートW杯第3戦

女子団体追い抜き 2分53秒88の世界新で優勝した(左から)高木美、菊池、高木菜=カルガリーで(共同)

写真

 【カルガリー=共同】ワールドカップ(W杯)第3戦第2日は2日、カルガリーで行われ、女子団体追い抜きで高木美帆(日体大助手)高木菜那(日本電産サンキョー)菊池彩花(富士急)で臨んだ日本は2分53秒88の世界新記録で優勝した。11月のW杯第1戦で出した2分55秒77を更新。W杯では今季2戦2勝で昨季から5連勝となった。

 女子1000メートルの小平奈緒(相沢病院)はカーブの出口で転倒し、2分5秒88で最下位の20位だった。男子団体追い抜きで中村奨太(ロジネットジャパン)ウイリアムソン師円(日本電産サンキョー)一戸誠太郎(信州大)の日本は3分38秒65の日本新記録で2位、同1000メートルの小田卓朗(開発計画研究所)も1分7秒83の日本新で11位。

 31歳の小平は日本スケート連盟が定めた平昌冬季五輪の代表選考基準を満たし、12月末の国内選考会への出場を条件に3度目の五輪代表入りを確実にした。

◆高地で約2秒短縮

 レース直後はガッツポーズも出たが、女子団体追い抜きのメンバーの反応はあっさりしたものだった。低地の第1戦から、記録の出やすい高地で約2秒縮めたのは順当とも言え、高木菜は「あ、こんなもんか」と感じた程度だったという。菊池の第一声も「悔しい」。異次元の記録を出しながら、向上心にあふれた日本の勢いは止まらない。

 他を寄せ付けなかった。高木美が先頭を引っ張った序盤、半周で13秒69と全チーム中最速ラップをたたき出すなど、抜群の立ち上がり。大けがの影響で団体追い抜きでは約2年ぶりの出番となった菊池、続いて高木菜と無難につなぎ、最後は高木美が再び前へ出た。

 終盤、菊池が遅れそうになったが「待って」と高木美に声をかけ、3人が接近する隊列を再形成。スピードはやや落ちたが、分散して全員が空気抵抗を受けることを防ぐチームワークも見事だった。同走した最大のライバル、オランダは最後の周回で転倒し、もはや敵はいなかった。

 ブランクがあった菊池の起用もめどが立ち、控えに回った佐藤、体調不良で帰国した押切を含め、層は厚い。高木美は「誰が出ても対応できるのは五輪で必要不可欠」と力を込める。表彰式を待つ間、身ぶり手ぶりを交えて改善点を話し合う姿は頼もしい。菊池は「世界記録を出しても、それで終わらないすごくいいチーム」と胸を張った。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報