東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

大谷と米球団、直接交渉始まる ジャイアンツに続きドジャースとも面談

 【ロサンゼルス=共同】ポスティングシステムでの米大リーグ移籍を目指す日本ハムの大谷翔平がドジャースと4日に交渉を行ったと、米メディアが5日報じた。

 今年ワールドシリーズで敗れたドジャースは前田健太が所属し、今季途中にはダルビッシュ有もトレードで移籍。大谷を岩手・花巻東高時代からマークしていた球団の一つとされている。

 交渉相手は7球団に絞っているとされ、NBCスポーツ(電子版)が4日にジャイアンツが大谷側と初めて接触し、交渉したと報じた。また、米メディアはレンジャーズも大谷と会うために当地入りしたと伝えた。エンゼルス、マリナーズ、カブス、パドレスの残りの4球団も近日中に交渉を行うとみられる。

 ジャイアンツは今季30球団ワーストに並ぶ64勝98敗で地区最下位に終わったが、2010年以降の8年間でワールドシリーズ制覇を3度も果たしている。マーリンズが交換トレードを模索しているナ・リーグ本塁打王のスタントンの争奪戦でも最有力候補の一つとされる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報