東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

川崎・小林がMVP Jリーグ・アウオーズ

MVPに選ばれ、長男・結翔君と登壇した川崎・小林悠=横浜アリーナで

写真

 Jリーグは5日、横浜アリーナで年間表彰式「Jリーグ・アウオーズ」を開き、最優秀選手賞は今季初優勝した川崎で主将を務めた小林悠(30)が初受賞した。23ゴールで初の得点王にも輝き、同時受賞は2012年に広島で獲得した佐藤寿人(名古屋)以来6人目。

 最も活躍した若手に贈られる「ベストヤングプレーヤー賞」には30試合に出場しセンターバックで奮闘した20歳の中山雄太(柏)が選ばれた。ベストイレブンには川崎から中村憲剛(37)、車屋紳太郎(25)ら最多4人が入り、22得点を挙げたC大阪の杉本健勇(25)やG大阪の井手口陽介(21)、柏の中村航輔(22)ら7人を初選出した。

 最優秀ゴール賞は浦和の関根貴大(22)が、インゴルシュタット(ドイツ)移籍前の7月に広島戦で見せたドリブル突破からの得点に決まった。

◆初優勝貢献 得点王とW受賞

 クラブ初の国内主要タイトルとなったJ1制覇の立役者が、ともに自身初となる最優秀選手賞と得点王を同時受賞した。ベストイレブンにも選ばれた川崎の小林は今季、主将の大役も務め「みんなの力があったからだが、キャプテンマークを巻いて先頭を走ったからもらえた」と語った。

 チームは、3年連続得点王に輝いた大久保嘉が今季からFC東京へ移籍し、FW陣の戦力低下が不安視された。だが、小林は逆転優勝を決めた2日に行われた最終節の大宮戦でハットトリックを決めるなど通算23得点。エースの抜けた穴を見事に埋めた。

 シーズン前のキャンプでは仲間を前に「頼りないし、うまくもないが、川崎を勝たせたい気持ちは誰にも負けない」と宣言し、新たに主将を任された自らを奮い立たせた。 プロ9年目で初めてJ1全試合に出場できたのは、管理栄養士の資格を持つ直子夫人のサポートのおかげでもある。式では「けがの多かった僕と、悔しい思いをするたびに一緒に泣いて乗り越えてくれた奥さん(直子夫人)に感謝の気持ちを伝えたい」と語りかけた。直後に、直子夫人や長男結翔(ゆいと)君らがサプライズ登壇。結翔君から花束を渡されると頬が緩んだ。

 現在は東アジアE−1選手権に出場する日本代表メンバーとして調整の日々。大会は来年のワールドカップ(W杯)ロシア大会に向け、国内組にとって重要なアピールの場となるだけに「活躍すれば一気にメンバーに入れる可能性もある。そこに懸ける」。次はアジア各国を相手に、点取り屋としての成長を示す。 (対比地貴浩)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報