東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

小平、1000世界新 日本女子初 スピードスケートW杯

写真

 【ソルトレークシティー=共同】スピードスケート女子の小平奈緒(31)=相沢病院=が十日、当地で行われたワールドカップ(W杯)第四戦の1000メートルを1分12秒09の世界新記録で制した=写真、共同。五輪で実施されるこの競技の女子個人種目では日本初。平昌冬季五輪へ弾みをつけた。 

 小平はこれまでの米国選手の記録を0秒09塗り替えた。国内外で昨季から連勝街道をひた走る得意の500メートルでは世界記録に届いていなかったが、持ち味の伸びやかな滑りが生きる1000メートルで快挙を果たした。

 小平は二〇一〇年バンクーバー大会の1000メートルと1500メートル、一四年ソチ大会の500メートルで5位となったのが過去二度の五輪個人種目での最高成績。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報