東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

ロシア、個人参加認める 平昌五輪 選手「決定に感謝」

 【モスクワ=栗田晃】組織的なドーピングで、来年二月の平昌冬季五輪からロシア選手団が除外された問題で、ロシア・オリンピック委員会(ROC)は12日、モスクワで総会を開き、希望する選手に関しては個人資格での参加を認めることを決めた。

 総会は選手も多数参加。終了後、記者会見したROCのジューコフ会長は「選手は平昌に行き、ロシアに栄誉をもたらしてほしい。事務的、財政的な支援をする」と話した。アイスホッケー男子のコバリチュクは「すべての選手が五輪で全力を尽くす。決定に感謝している」と述べた。

 ROCによれば、選手委員会の聞き取りに対し、大多数が個人資格での参加を希望。今後はロシア側から候補選手リストを提出し、国際オリンピック委員会(IOC)の審査を通った選手個人に「招待状」が届く見込みだが、競技によっては、参加決定が五輪直前にずれ込む可能性もある。

 ジューコフ氏は選手200人以上が参加可能との見方を示した上で、「ロシアの4、5番手の選手を招待し、いちばん強い選手を除外するとしたら問題だ」とIOCをけん制した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報