東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

大谷と大谷をトレード!? 米ゲームの話ですが…

 プロ野球日本ハムからエンゼルスに移籍する大谷に対し、ゲーム業界が異例の対応を決めた。ほぼ前例のない投打の「二刀流」の選手出現で、米国で人気のネットゲーム「ヤフー・ファンタジー・ベースボール」が2人の大谷をゲーム上で登録することになったと、ウォールストリート・ジャーナル紙が15日付で報じた。

 ファンタジー・ベースボールはメジャーの実際の選手を自分で選び、架空のチームを編成。他のチームと対戦し、シーズンを通して得点を競い合う。選手の実際の成績がポイントに反映されるが、投手の打撃成績はカウントされない仕組みになっている。

 投手でも野手でも貢献できる大谷を2人の選手に分けた理由として、同紙は「二刀流登録だと、他の選手に比べて価値が高くなりすぎてしまう」と説明している。

 異例の措置によって大谷が2人いるチームや、投手と野手の大谷をトレードで交換するといったこれまでは考えられなかった事態も想定される。果たして、ゲーム上でよりチームに貢献するのは投手・大谷か、打者・大谷か−。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報