東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

富士通が連覇3度目V アメフット・エックスボウル

富士通−IBM 第1クオータータッチダウンを決める富士通・猪熊=東京ドームで

写真

 日本社会人選手権「ジャパンエックスボウル」は18日、東京ドームで行われ、富士通が63−23でIBMに圧勝し、2年連続3度目の優勝を果たした。63得点は大会最多記録。

 富士通は試合開始直後にキックオフリターンTDで先制。QBキャメロンが前半だけで3TDパスを決めるなど35−13で折り返した。後半も初優勝を目指したIBMにリードを広げ、これまで最多だった1995年の松下電工の54得点を上回った。最優秀選手にはWR中村が選ばれた。

 富士通は来年1月3日の日本選手権「ライスボウル」で、全日本大学選手権決勝「甲子園ボウル」を制して27年ぶりに大学日本一となった日大と対戦する。

◆大会最多63得点

 大会最多の63点を挙げて大勝した富士通は第1クオーターに3TDを奪う猛攻でペースをつかんだ。新人の猪熊がキックオフのボールをエンドゾーン付近で捕球すると、鋭く縦に駆け上がるキックオフリターンTDでいきなり先制。7−7と追い付かれたが、QBキャメロンが2TDパスを決め、あっという間に21−7と点差を広げた。

 キャメロンは第1クオーターに10度のパスを全て成功させ、第2クオーターにはホットラインのエースWR中村に74ヤードのTDパスを決めた。レシーブ獲得203ヤードで大会記録を大幅に更新した中村はMVPに輝き「今季はいまひとつだったが、最後にいいプレーができた」と胸を張った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報