東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

サッカーW杯壮行試合は5月30日 日本代表の来年予定

サッカーW杯ロシア大会出場を決め、場内一周する長谷部(左端)ら日本イレブン=8月31日、埼玉スタジアムで

写真

 日本サッカー協会は18日、日本代表の来年の年間スケジュールを発表し、ワールドカップ(W杯)ロシア大会の壮行試合として、5月30日に横浜・日産スタジアムで国際親善試合を行うと発表した。3月には欧州遠征を軸に調整中という。いずれも対戦相手は未定。

 W杯は来年6月14日開幕。日本は1次リーグで同月19日にコロンビア、24日(日本時間25日)にセネガル、28日にポーランドと対戦する。ハリルホジッチ監督は本大会前の試合について「3カ国と特徴が似た相手を探している」と語った。

 西野朗技術委員長は、16日閉幕の東アジアE−1選手権で日本が韓国に大敗したことを挙げ「来年は代表が世界で躍動する年にしなければいけない」と強調。3月まで代表活動ができない難しい状況に触れた上で、「数少ない強化試合と準備期間で(W杯初戦に)ピークを持っていく」と決意を示した。

 20年東京五輪で中心世代となるU−21(21歳以下)日本代表は、1月に中国で開催されるU−23アジア選手権に参加。3月はパラグアイに、5、6月はフランスに遠征するなどの日程も決まった。森保一監督は五輪でのメダルと選手育成を目標に掲げ「結果にこだわりながら、1人でも多くA代表に入る選手を育てたい」と述べた。 (対比地貴浩)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報