東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

白鵬と鶴竜、減給 伊勢ケ浜親方は理事を辞任

臨時理事会を終え記者会見する高野利雄危機管理委員長(右)と八角理事長=20日、東京・両国国技館で(神代雅夫撮影)

写真

 日本相撲協会は二十日、東京都墨田区の両国国技館で臨時理事会を開き、元横綱日馬富士の暴行事件を巡る関係者の処分を協議し、暴行現場の酒席に同席していた白鵬と鶴竜の両横綱に対し暴行を止められなかったとして、白鵬に来年一月の給与全額と二月の給与半額を、鶴竜に一月の給与全額を不支給とする報酬減額処分を科した。

 元日馬富士は既に引退しているため処分はしないが、今後同様の事態が起きた場合に備え、処分基準を明示することが必要と判断。この日午前に行われた協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)の提言を受け、引退勧告相当であることを確認した。横審は、白鵬と鶴竜についても厳重注意を進言していた。

 元日馬富士の師匠だった伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は監督責任を取って理事を辞任し、二階級下の役員待遇委員に降格となった。巡業部長の貴乃花親方(元横綱)への処分は、協会危機管理委員会(高野利雄委員長=元名古屋高検検事長)の聴取が終わっていないため先送りした。また、八角理事長(元横綱北勝海)は自らの処分について、残り任期三カ月の報酬を全額返上するとした。

 危機管理委の報告書によると、被害者の平幕貴ノ岩の師匠でもある貴乃花親方は、秋巡業中の暴行問題の報告義務を怠ったと指摘。貴ノ岩の聴取への協力要請を何度も拒否したことも問題視し、二十八日の臨時理事会で処分を協議する。

 また、高野委員長は貴ノ岩の聴取を十九日に終えたことを明らかにした。報告書によると貴ノ岩は傷害を負わされるような理由は全くないと考えていると証言し、元日馬富士の引退を望んでいたわけではないと述べたという。貴ノ岩は暴行被害の後遺症で現在も入院中で、相撲協会は一月の初場所を全休しても三月の春場所は十両で臨める救済処置をとることを発表した。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報