東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

レスリング全日本選手権 川井友初の頂点 姉に恩返しできたかな

女子59キロ級で熊野ゆづる(下)を破り初優勝した川井友香子=駒沢体育館で

写真

 レスリングの全日本選手権第2日は21日、東京・駒沢体育館で新たな階級区分による男女の計10階級決勝などが行われ、女子は59キロ級で川井友香子(至学館大)が初制覇した。76キロ級では世界選手権75キロ級銅メダルの鈴木博恵(クリナップ)が旧階級を含め、2年連続4度目の頂点に立った。

 男子はグレコローマンスタイルで55キロ級の田野倉翔太(東京・自由ケ丘学園高教)が4年ぶり3度目、97キロ級の奈良勇太(日体大)が旧階級を含めて2年連続2度目の日本一。フリースタイル125キロ級の荒木田進謙(青森県協会)は3年ぶり6度目の優勝を飾った。

 2020年東京五輪で採用する階級区分、試合方式を適用しており、各階級の決勝までを2日間で実施している。

 思わず涙が込み上げてきた。女子59キロ級で初優勝を飾った川井友。決勝のマットを降りると、リオデジャネイロ五輪金メダルの姉の梨紗子(ジャパンビバレッジ)が泣いて喜ぶ姿が目に入った。「やっと少しは恩返しできたかな」。あふれ出る感情が抑えきれなかった。

 決勝の相手は、今年の23歳以下の世界選手権王者の熊野ゆづる(日大)。第1ピリオドは互いに出方をうかがい、組み手争いに終始した。1点をリードしていた残り2分だった。熊野の意識が上半身への攻めに集中していたのを見逃さない。鋭いタックルが深く刺さった。押し倒して2点を加えた。

 落ち着いた試合運びが目立った。「私より強い選手なんていない。いつもその私と練習してるんだから大丈夫」。試合前、姉から掛けられた言葉で、自信を持つことができた。終了間際に片足タックルから2点を奪われ1点差に詰め寄られたが、動じなかった。

 今年は8月の世界選手権に初めて出場。ただ、国内大会を勝って代表になったわけではない。出場予定の伊藤彩香(東新住建)が負傷し、代役が回ってきた形だった。

 「次は勝ちきって代表になるって決めている」。来年の代表選考の第一関門を突破し、言葉には自信もみなぎる。 (多園尚樹)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報