東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

全日本フィギュア開幕 坂本SP首位

女子SPで首位に立った坂本花織の演技=武蔵野の森総合スポーツプラザで

写真

 フィギュアスケートの平昌冬季五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権は21日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕し、代表2枠を争う女子はショートプログラム(SP)で17歳の坂本花織(シスメックス)がほぼミスなしの演技を見せ、73・59点でトップに立った。

 4連覇を目指す宮原知子(関大)が73・23点で2位、本郷理華(邦和スポーツランド)が70・48点で3位、樋口新葉(東京・日本橋女学館高)が68・93点で4位。年齢制限で平昌五輪に出られない15歳の紀平梨花(関大KFSC)が大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功し、66・74点で5位と健闘した。本田真凜(大阪・関大高)は66・65点で6位、三原舞依(シスメックス)は64・27点で7位と出遅れた。

 代表1枠を競うペアはSPで須崎海羽、木原龍一組(木下ク)が54・53点で首位発進した。

 22日に2014年ソチ五輪王者の羽生結弦(ANA)が欠場した男子のSPを実施し、昨年優勝の宇野昌磨(トヨタ自動車)らが登場する。

◆高2の新星 完璧 一気主役

 ジャンプでついた勢いそのままに、坂本が平昌へ向かって加速した。力が入りすぎて最後のスピンで軸が動いたが「意地でこらえた」。完璧な演技を終え、右の拳を固く握り締める。国際スケート連盟非公認ながらSPで自己ベストを大きく上回る73・59点。ひょうきんな高校2年生は「点数、あっているのかな」と目を丸くして何度も得点を映し出した画面を見直した。

 今季シニアにデビューしたばかり。実績のある先輩を追い抜くため、連続3回転を含む3度のジャンプを全て基礎点が1・1倍になる後半に盛り込んだ。疲労が襲う終盤が正念場かと思われたが、攻撃的なプログラムに挑戦したご褒美があった。

 ジャンプの代わりに前半に入れたステップ。演技開始から緊張しっぱなしの体が「落ち着いた」。後半はためていた力をぶつけるように、持ち前の幅のあるジャンプを次々と決め、基礎点とGOE(出来栄え点)を積み重ねた。

 当初は「昨季に戻したい」と音を上げそうになったプログラムを、今季開幕から今大会まで異例の8戦を組み込むことで克服した。先月末に高校の期末テストがあり、練習量を制限した際は早朝練習に集中。「緊張で体が動かなくても跳べるように」。頭も体も働かない朝から完璧な演技を意識し続けた。

 エースの宮原を押しのけての首位発進は、自身も予想だにしなかった。優勝すれば自動的に夢の五輪代表。順位が確定すると「心臓が口から飛び出る」と興奮が止まらない。若さあふれるダークホースが五輪争いの主役に躍り出た。 (原田遼)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報