東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

フィギュア代表決定 羽生・宇野・田中、宮原・坂本が五輪へ

フィギュアスケートの平昌五輪代表に選ばれた(左から)クリス・リード、村元哉中、坂本花織、宮原知子、宇野昌磨、田中刑事、須崎海羽、木原龍一=24日、武蔵野の森総合スポーツプラザで(田中久雄撮影)

写真

 フィギュアスケートの平昌冬季五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権は二十四日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで全日程を終え、日本スケート連盟は男子で優勝した宇野昌磨(しょうま)(20)=トヨタ自動車=、女子を制した宮原知子(さとこ)(19)=関大=ら男子三人、女子二人、ペア、アイスダンス各一組の五輪代表を発表した。

 男子は宇野と、全日本選手権2位だった田中刑事(23)=倉敷芸術科学大大学院=、右足首のけがで同大会を欠場した羽生結弦(23)=ANA=、女子は宮原と同大会2位の坂本花織(17)=シスメックス=を選出。シングルではソチ五輪金メダルの羽生を除く四人が初代表となった。ペアは須崎海羽(みう)(18)、木原龍一(25)組、アイスダンスは村元哉中(かな)(24)、クリス・リード(28)組(いずれも木下ク)が選ばれた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報