東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

新小結に貴景勝 貴乃花部屋初三役 大相撲・初場所新番付

大相撲初場所の番付表を手に、自身の名前を指さす新小結の貴景勝=両国国技館で

写真

 日本相撲協会は26日、大相撲初場所(来年1月14日初日・両国国技館)の新番付を発表し、横綱白鵬が北の湖と並び史上1位の在位63場所を記録した。先場所で前人未到の優勝40度の大台に乗せ、東正位に返り咲いた。

 新小結に21歳の貴景勝が昇進して東に座った。師匠の貴乃花親方(元横綱)が育てた初の三役。

 元日馬富士が暴行事件の引責で引退し、4横綱時代は5場所で終了。ともに4場所連続休場中の稀勢の里は西、鶴竜は東の2番目となった。

 新入幕は竜電と阿炎。竜電は右股関節の大けがで十両から一度は序ノ口に落ちた。関取経験者が序ノ口転落後に新入幕を果たしたのは1992年九州場所の琴別府以来史上2人目となった。

 大関陣は豪栄道が東、高安が西。関脇には玉鷲が3場所ぶりに復帰して西となり、東の御嶽海は4場所連続で在位した。新小結の先場所で勝ち越した21歳の阿武咲は西に据え置かれた。

 再入幕は蒼国来、豊山、石浦。新十両はモンゴル出身で日大時代に学生横綱となった水戸龍と天空海だった。

 再十両は栃飛龍、大翔鵬に加え、須磨ノ富士に並び史上1位の8度目の十両昇進となった希善龍の3人だった。

◆「部屋の恥にならぬよう」

 2004年2月に貴乃花部屋が創設されてから初めての三役力士となった貴景勝は「相撲は稽古がすべてと思って入門したが、師匠から食事や睡眠、普段の生活がすべて相撲に通じると教えられ、それをしてきたからいまの自分があると思う」と師匠の貴乃花親方を思って頭を下げた。

 兄弟子の貴ノ岩が被害者となった元日馬富士による暴行事件への対応が注目される貴乃花親方は会見に同席しなかった。

 貴景勝は「新入幕(の会見)の時も1人でやったので、2回目だから特に(意識は)ないです」と臆することなく質問に答えた。新小結については「力士ならだれでも目標にする地位。貴乃花部屋の恥にならないように頑張りたい」と胸を張った。

◆貴ノ岩、十両転落 暴行被害者

 元日馬富士による暴行事件の被害者で、東前頭8枚目の先場所を全休した貴ノ岩は東十両3枚目に下がり、12場所連続で在位した幕内から落ちた。

 相撲協会は12月20日の臨時理事会で、貴ノ岩の状況を考慮し、初場所を全休しても診断書を提出すれば、3月の春場所では十両最下位の西14枚目にとどめる特別救済措置を決めた。通常、東十両3枚目で全休すれば幕下転落が濃厚。

 貴ノ岩は九州場所を休んだ際、「頭蓋底骨折などの疑いで全治2週間程度」との診断書を協会に出した。17日終了の冬巡業は診断書を提出せずに全休し、19日には協会危機管理委員会の聴取に応じた。20日の危機管理委の報告書では5日から入院中となっていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報