東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

箱根駅伝区間エントリー 青学大の二枚看板 田村3区、下田補欠

 来年1月2、3日に行われる第94回東京箱根間往復大学駅伝に出場する21チームの区間エントリーが29日に決まり、4連覇を狙う青学大は二枚看板のうち、田村和希を3区とし、下田裕太はレース当日に交代可能な補欠として登録した。山上りの5区は竹石尚人を置き、下りの6区は3年連続で小野田勇次を起用した。

 出雲全日本大学選抜駅伝覇者で初の総合優勝を目指す東海大は前回2区の関颯人を1区、出雲の1区区間賞の阪口竜平を2区、鬼塚翔太は3区に配置。日本選手権1500メートル王者の館沢亨次は補欠とした。全日本大学駅伝優勝の神奈川大は前回に続いて1区に山藤篤司、大黒柱で前年区間賞の鈴木健吾を2区に置いた。

 順大はエースの塩尻和也に3年連続で2区を託した。オープン参加の関東学生連合で出場する東大3年の近藤秀一は1区にエントリーされた。補欠との入れ替えは2日間で合計4人まで認められている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報