東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

小田、快記録で初切符 スピードスケート五輪代表選考会

男子1500メートルで1位になり、拳を突き上げる小田卓朗

写真

 平昌冬季五輪代表選考会第3日は29日、長野市エムウエーブで行われ、男子1500メートルで25歳の小田卓朗(開発計画研究所)が1分45秒91の国内最高記録で1位となり、初の五輪出場を確実にした。ウイリアムソン師円(日本電産サンキョー)が2位、中村奨太(ロジネットジャパン)が3位だった。

 女子1500メートルは既に代表に決まっていた高木美帆(日体大助手)が国内最高の1分54秒82で制し、2位の小平奈緒(相沢病院)は500メートル、1000メートルに続く代表権を確実にした。菊池彩花(富士急)が3位。

 男子8人、女子10人が上限の代表は最終日の30日に正式発表される。

◆25歳、もう自信揺らがない

 普段は物静かな男が何度も拳を握り締め、喜びを爆発させながらウイニングランを続けた。男子1500メートルの小田が、五輪のテスト大会だった昨年の世界距離別選手権で5位に相当する圧巻の記録で五輪切符を手中に収めた。「1分45秒台を出せるように準備してきた。自信はあった」と高揚感に包まれた。

 最終組に登場し、山形中央高の後輩にあたるウイリアムソンと同走。内側のレーンから飛び出し、課題に挙げ続けてきた内径の小さいカーブにためらいなく突っ込んだ。抜群の加速を得たことで、中盤にぐんぐん伸びて相手を突き放す。「ラップタイムを見る余裕もなく、必死に滑っていた」と集中力を切らさず滑り抜いた。

 高校3年でワールドカップ(W杯)に初出場した早熟の選手。大学時代に伸び悩んでソチ五輪出場には遠く及ばなかったが、ナショナルチームに入って「トレーニング、生活、全てをスケートに費やしてきた」と才能が再び開花した。

 ウイリアムソンが「筋力トレーニングでは桁違いの数値を出すし、技術にはとことん繊細」と舌を巻く、スケールの大きなスケーター。日本が苦戦してきた男子中距離で世界と張り合えるレベルまではい上がり「もう一つ、爆発力を付けたい」と初の大舞台へ目を向けた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報