東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

井岡が引退表明 「3階級制覇の夢かなえた」

記者会見で現役引退を表明する井岡一翔=横浜市内のホテルで

写真

 前世界ボクシング協会(WBA)フライ級王者の井岡一翔(28)=井岡=が31日、横浜市内で記者会見し、「3階級制覇という夢をかなえた。引退しようと思いました」と現役引退を発表した。当初、井岡はこの日に6度目の防衛戦を計画していたが、11月9日に王座を返上していた。12月30日に日本ボクシングコミッションに引退届を提出した。

 2015年4月にWBAフライ級王座を獲得し、3階級制覇を達成。防衛を重ねるうちに「さらなる目標を見つけた」と説明した。17年4月の5度目の防衛戦の前には「決意した」という。さらなる目標については「今は言えない。言える時が来たらあらためて話したい」と詳細を避けた。復帰の可能性を問われると「ゼロではない」と語る一方で「ボクシングに未練はない」と述べた。

 井岡は2011年2月に当時の国内最速記録を更新する7戦目で世界ボクシング評議会(WBC)ミニマム級王座を獲得。12年12月にWBAライトフライ級王者となった。

 17年5月に歌手の谷村奈南さんと結婚。現在はジムがある大阪を離れ、東京都内を拠点に生活している。世界戦通算勝利数「14」は具志堅用高と並ぶ日本記録。戦績は23戦22勝(13KO)1敗。約9年間のプロ生活を振り返り、「夢をかなえて引退できるのは幸せなこと」と総括した。 (森合正範)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報