東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

帝京大の9連覇か 明大21大会ぶりか ラグビー全国大学選手権・7日決勝

明大−大東大 後半、トライを決める明大・梶村(左)=秩父宮で

写真

 全国大学選手権は2日、東京・秩父宮ラグビー場で準決勝2試合が行われ、9連覇を目指す帝京大(関東対抗戦1位)と21大会ぶりの優勝を狙う明大(同2位)が決勝に進んだ。

 帝京大は2大会連続準優勝の東海大(関東リーグ戦2位)に31−12で快勝。前半は14−7と苦しんだが、後半の2トライで突き放した。

 明大は大東大(関東リーグ戦1位)から後半に5トライを奪う猛攻で、43−21で逆転勝ちした。決勝進出は帝京大が10大会連続で、明大は19大会ぶり。決勝は7日に秩父宮ラグビー場で行われる。

 長く遠ざかっていた舞台へ、ついにたどり着いた。22点差の大勝で、19大会ぶりの決勝進出を決めた明大。今季掲げる「ニュー明治」のスローガンの通り、伝統の「重戦車FW」に固執しない戦い方を大一番でも披露した。

 前半はスクラムでの劣勢が響き、7点ビハインド。だが、これは想定通り。「後半になれば相手が疲れてくるから」とSO堀米。大柄な相手FWの足が止まり始めた後半は猛攻を仕掛け、一挙5トライ。このうち4トライをバックスで奪った。主将のロック古川は「スクラムで負けても落ち込まなかった」。意地になって力勝負を挑まず、バックスにボールを供給し続けた。

 今季から就任した田中ヘッドコーチの下、FW戦にこだわらず相手守備の穴を見つけてボールを動かす攻撃を目指した。試合が近づいても練習量を落とさず、あらゆるプレーに磨きをかけた。スクラムに費やす時間は減ったが、チームの完成度は向上。堀米は「状況に応じてプレーできるようになった」といい、効率的に点を取れるようになった。

 決勝で戦う帝京大には11月の関東対抗戦で大敗した。「新しい明大をつくろうと言い続けてきた」と丹羽監督。目指すは21大会ぶりの頂点。前回から成長した姿を強敵に見せつけたい。 (対比地貴浩)

◆帝京大は盤石

 9連覇を狙う帝京大が、昨年まで2年連続で決勝で戦った東海大に快勝。岩出監督は「今季一番の会心の試合」と褒めちぎった。

 「たっぷり分析した」と指揮官が自信を見せたように、開始早々に先制されても動じない。前半で逆転すると後半は自陣深く攻め込まれても、勝負どころで精度を欠く相手の攻撃を堅守で封じた。反撃に転じれば少ないチャンスを確実にものにし、リードを広げた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報