東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

東洋大、4年ぶり往路V 箱根駅伝

1位で往路のゴールに飛び込む東洋大5区の田中龍誠=神奈川県箱根町で

写真

 第94回東京箱根間往復大学駅伝第1日は2日、東京・大手町から神奈川県箱根町までの5区間、107・5キロに関東の20校とオープン参加の関東学生連合を加えた21チームが参加して行われ、昨年総合2位だった東洋大が5時間28分29秒で4年ぶり6度目の往路優勝を果たした。

 総合4連覇を目指す青学大が36秒差の2位につけた。早大がさらに1分20秒差の3位で、拓大が4位、法大が5位。今季の出雲全日本大学選抜駅伝を制した東海大は9位、全日本大学駅伝優勝の神奈川大は15位と大きく出遅れた。

 4年ぶりの総合優勝を狙う東洋大は1区で1年生の西山和弥がトップに立つと、3区の山本修二も区間賞の走りを見せるなど首位を譲らなかった。

 3日の復路は5区間、109・6キロで争われる。

 下馬評を覆しての4年ぶりの往路優勝に東洋大の酒井監督の声が弾む。「混戦が予想される中で、選手が期待に応えてくれた。レベルの高い走りだった」。1区からトップを守り続け、往路新記録の盤石なレース運び。選手起用がピタリとはまり、してやったりの表情だった。

 流れをもたらしたのは次世代のエース候補、1区の1年生、西山だ。18キロ付近で仕掛けると、後続をぐいぐい引き離す。昨年11月の全日本以降は両膝を痛めた影響で「なかなか調子が上がらなかった」。初めての箱根路に不安も緊張もあったというが、マイナス要素すら力に変えられるずぶとさこそが持ち味だ。

 「区間賞を取る」と宣言していた通り、2位と14秒差でたすきをつなぎ、酒井監督を「最高のスタートだった」とうならせた。

 この走りに「勇気づけられた」と3区を任されたチームの中軸、山本が勢いをさらに加速させる。2位の青学大と22秒差でスタートすると、青学大の実力者、田村に一時は8秒差まで詰められるも、15キロすぎから再び差を広げた。最終的には46秒差をつけてエース対決を制し「差を広げ、区間賞を取るのが自分の仕事」と胸を張った。

 エントリーメンバー16人のうち、4年生はわずか1人。往路では西山、4区の吉川、5区の田中と1年生を3人起用したように、下級生主体の布陣で臨んでいる。それは単に「しっかり練習できた選手が残った」(酒井監督)から。練習は裏切らない。全区間がハーフマラソン並みの箱根でも、誰一人として自身のペースを乱すことはなかった。

 昨年12月の壮行会。酒井監督は壇上に並んだ選手を見つめ「この中から必ずヒーローが出る」と語った。背後の青学大との差は36秒。決して安全圏とは言えない。だが、復路でも監督の「予言」が実現すれば、総合優勝もぐっと近づく。 (中川耕平)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報