東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

青学大 逆転で4連覇 箱根駅伝 

1位でゴールする青学大アンカーの橋間貴弥。4年連続4度目の総合優勝を果たした=東京・大手町で

写真

 第94回東京箱根間往復大学駅伝最終日は3日、神奈川県箱根町から東京・大手町までの5区間、109・6キロに21チームが参加して復路が行われ、往路2位の青学大が逆転で4年連続4度目の総合優勝を果たした。10時間57分39秒の大会新記録で、2002〜05年の駒大以来、史上6校目の4連覇を達成した。

 4分53秒差で東洋大が3年連続の2位、早大が昨年に続く3位となった。4位は日体大、5位は東海大だった。青学大は復路も5時間28分34秒で4連覇した。往路1位の東洋大から36秒遅れで復路をスタートした青学大は6区の小野田勇次が区間賞の走りでトップを奪い、7区の林奎介が区間新記録の快走で独走態勢を築いた。8区の下田裕太も区間賞を獲得するなど、危なげなく逃げ切った。林は最優秀選手に選ばれた。

 総合6位以下は法大、城西大、拓大、帝京大が続き、10位の中央学院大までが来年のシード権を獲得した。10位と14秒差で順大が11位、駒大が12位、神奈川大が13位、2年ぶりに復帰した中大は15位に終わった。

 選手層の厚さで他校を寄せ付けなかった。最終10区の橋間は両拳を力強く何度も握りしめてゴールに迫った。「安心して走ることができた。ゴールテープを切れて本当にうれしい」。往路2位の青学大が逆転で史上6校目の総合4連覇を成し遂げた。

 復路の序盤で勝負を決定づけた。3年連続で山下りの6区を任された小野田がスペシャリストの本領発揮。熟知したコースで確実にスピードを増し、15キロ付近で首位の東洋大をとらえた。一気に置き去りにし、箱根路デビューとなった7区の3年林へとつないだ。

 「先頭の利点を生かし、余裕を持っていけた」と林もその流れに乗った。ハイペースで入ったが追い風も奏功し、落ちる気配を見せない。1時間2分16秒の区間新記録をマークし、2位との差を52秒から3分28秒へと大きく広げた。たすきを受けた8区の下田も「できるだけ引き離そうと思っていたが、『ありがとう、林』とも感じた」と感謝するほどだ。

 優勝候補の一角とされた東海大や神奈川大に大きく先行して往路を終えた青学大にとって、36秒のビハインドは射程圏内。8区までの3区間を終えた時点で、差は6分超に。原監督が前日に「6区で逆転、8区で勝負をつける」と語ったプラン以上の独走態勢を築くことに成功した。

 今大会の最優秀選手にも輝いた林は「連覇を続けて大学生活を終えたい」と強調した。原監督も「5連覇は可能。うちと東洋大との戦いになる」と見越す。総合5連覇以上を達成したのは、過去に2校のみ。常勝の「青学時代」を途切れさせるつもりはない。(磯部旭弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報