東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

西武・牧田、パドレス移籍 2年4.5億円

西武・牧田和久

写真

 【ロサンゼルス=共同】プロ野球西武の牧田和久投手(33)がポスティングシステムで米大リーグ、パドレスに移籍することが6日、決まった。両球団が発表した。2年契約で、パドレスの公式サイトによると年俸総額は400万ドル(約4億5000万円)ほどという。

 今オフの日本選手のポスティング移籍は、日本ハムからエンゼルス入りした大谷翔平選手に続いて2人目。交渉期限が米東部時間10日午後5時(日本時間11日午前7時)に迫っていた中での決定に、牧田は西武を通じ「正式に合意したことでほっとしています」とコメントした。

 静岡・静清工高(現静清高)−平成国際大から日本通運を経て2011年にドラフト2位で西武入り。下手投げの右腕で、1年目に22セーブで新人王に輝いた。先発もこなし、通算成績は276試合で53勝49敗25セーブ、防御率2・83。昨春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は日本代表の抑えとして5試合に登板し、1勝2セーブと活躍した。

 パドレスには過去、大塚晶文投手、井口資仁内野手が所属。日本ハムでプレーしたグリーン監督が指揮を執り、昨季は71勝91敗でナ・リーグ西地区4位に終わった。

 ポスティングシステムはプロ野球選手が海外フリーエージェント権取得前に大リーグに移籍可能な制度。日本球団は譲渡金を上限2000万ドルに設定し、支払う意思がある全球団が交渉できる。

<まきた・かずひさ> プロ野球西武に入団した11年に5勝7敗22セーブをマークし、新人王に。12年は先発で13勝(9敗)を挙げた。昨季は58試合に登板し、3勝3敗、防御率2・30だった。13、17年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表。177センチ、85キロ。右投げ右打ち。33歳。静岡県出身。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報