東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

日ハム・清宮「しっかり準備する」

新人合同自主トレーニングが始まり室内練習場でウオーミングアップする清宮幸太郎内野手=千葉県鎌ケ谷市で

写真

 日本ハムの新人合同自主トレーニングが9日、千葉県鎌ケ谷市の球団施設で始まり、ドラフト1位の清宮幸太郎内野手(18)=東京・早実高=がプロでの第一歩を踏み出した。「やりたいことをしっかりやる。準備を怠らないように(1軍キャンプに向けて)しっかり準備していつでもいけるようにしたい」と意気込んだ。

 前日8日に雨が降った影響でグラウンド状態が悪かったため、室内練習場で体幹トレーニングやキャッチボールを行ってスタート。練習中には新人7人全員を集めた栗山英樹監督から「今年、勝つためにみんなの力を貸してほしい」と声を掛けられた。

 ランニングでは練習場内を何度も往復し、清宮は汗を拭って時折、膝に手を当ててうつむくなど苦しそうな表情を見せた。注目のトス打撃ではじっくりとスイングを確認しながらバットを振り続けた。栗山監督は「いい感じです。ただ言葉というよりもこれから形にしてくれれば」と期待した。

 曇り空の下、球場には熱心なファンが訪れた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報