東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

高校野球タイブレーク 夏の甲子園、地方大会も採用

写真

 日本高野連は10日、今春の選抜大会から導入することが決まっているタイブレークを、夏の全国選手権大会や地方大会でも一律に採用することを決めた。延長十三回無死一、二塁から開始し、試合の決着がつくまで繰り返す。 

 決勝だけはこれまで同様に延長十五回まで行い、同点の場合は引き分け再試合(再試合ではタイブレークを適用)とする。全国大会から都道府県大会まで、ほぼ全ての公式戦でタイブレークが実施されることになる。

 タイブレークは走者を置いて攻撃を始める特別ルール。得点を入りやすくすることで、試合の早期決着を図る狙いがある。打順は前のイニングから引き継ぐ。十二回の攻撃が四番打者で終了した場合は、十三回は五番打者からスタートし、二塁走者に三番打者、一塁走者に四番打者を置く。

 タイブレークの導入については、選手の健康管理や大会日程の円滑な消化といった観点から、日本高野連が二〇一四年から是非を議論してきた。昨年九月に春の選抜大会での導入を決定。十月には各都道府県連盟に対するアンケートを行い、意見調整を図ってきた。日本高野連の技術・振興委員会が取りまとめていた原案では、決勝でもタイブレーク採用としていたが、アンケートで「(日本一や甲子園出場を懸けた)決勝は例外にしてほしい」という意見が七割以上に上った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報