東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

国武、岩渕2位 スノーボードW杯

男子スロープスタイル決勝2位になった国武大晃のジャンプ=スノーマスで(共同)

写真

 【スノーマス(米コロラド州)=共同】ワールドカップ(W杯)は12日、当地でスロープスタイル決勝が行われ、男子の国武大晃(くにたけひろあき)(STANCER)が83・64点で2位に入った。国武がW杯で表彰台に立ったのは初めて。大久保勇利(ムラサキスポーツ)は77・91点で6位だった。

 女子の岩渕麗楽(れいら)(キララクエストク)も76・48点で2位となり、ビッグエアで初優勝した昨年12月のW杯に続いて表彰台を確保した。

 男子はレドモンド・ジェラルド(米国)、女子はクリスティ・プライア(ニュージーランド)が優勝した。

◆スロープスタイル男子・国武 15歳の新星 台頭

 世界選手権を制した実績がある鬼塚や16歳の岩渕ら、女子が注目されていたスロープスタイルで男子にも新星が現れた。今季からW杯に参戦している15歳の国武は悪天候で視界が悪い中でも、堂々の演技を披露して2位。「うれしい。最低でも表彰台に乗ることが目標だった」と落ち着いた表情で話した。

 ジャンプできれいに着地して得点を稼いだ。2回目の演技で、左足を前にした逆スタンスから入る縦2回転、横3回転半に続き、縦3回転、横4回転の難しいジャンプも決め、83・64点をマークした。

 ただ、自分の演技に満足しているわけではない。序盤にある障害物の攻略があっさりしたものとなり「(見せる)技術が足りなかった」と反省した。

 愛知県阿久比町出身。3歳からスノーボードを始め、平昌五輪での活躍も期待される立場となったライダーは「メンタルもそうだが、難しい技でも(着地で)立てるようにしっかりしたい」と気を引き締めた。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報