東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

高梨3位 歴代最多勝持ち越し W杯ジャンプ女子

高梨沙羅の1回目の飛躍=宮の森ジャンプ競技場で

写真

 ノルディックのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子札幌大会第1日は13日、札幌市宮の森ジャンプ競技場で個人第5戦(ヒルサイズ=HS100メートル)が行われ、平昌冬季五輪代表の高梨沙羅(クラレ)は2回とも93メートルで、合計238・2点で3戦連続の3位だった。ジャンプの男女を通じて歴代単独最多の通算54勝到達は持ち越しとなった。

 伊藤有希(土屋ホーム)は93・5メートル、91・5メートルの237・3点で4位。マーレン・ルンビ(ノルウェー)が95・5メートル、93・5メートルの252・9点で今季3勝目、通算7勝目を挙げた。

 勢藤優花(北海道ハイテクAC)は11位。岩佐明香(日大)が15位、小林諭果、茂野美咲(ともにCHINTAI)はそれぞれ27位と28位だった。鴨田鮎華(北海道・下川商高)は2回目に進めず36位。岩渕香里(北野建設)はスーツの規定違反で失格となった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報