東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

元阪神マートンが現役引退 セ記録 シーズン214安打

写真

 【ニューヨーク=共同】阪神で活躍し、シーズン214安打のセ・リーグ記録を持つマット・マートン外野手(36)が現役を引退することが13日、分かった。昨季は米大リーグ、タイガースとマイナー契約を結んだが、4月に契約を解除された。「体はまだ動くし闘志もあるが、総合的に考えて次に進む時」と述べた。古巣カブスの競技運営部門補佐に就任する。

 阪神入りした2010年に214安打を放ち、1994年にイチロー(オリックス)がマークしたシーズン210安打のプロ野球記録を塗り替えた。2015年に秋山翔吾(西武)が216安打を放って更新されたが、現在も右打者と外国人選手の最多記録。

 03年にドラフト1巡目でレッドソックスに入団。カブス時代の06年に144試合で打率2割9分7厘と活躍した。10年から阪神で6年間プレーし、首位打者1度、最多安打を3度獲得。16年に米球界に復帰してカブスとマイナー契約を結び、3Aで76試合に出場して打率3割1分4厘をマークしたが、メジャーには昇格できなかった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報