東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

兵庫、逆転で14年ぶりV 都道府県対抗女子駅伝

第36回全国都道府県対抗女子駅伝でゴールする兵庫のアンカー・福田有以。14年ぶり4度目の優勝を果たした=14日、京都市の西京極陸上競技場で

写真

 第36回全国都道府県対抗女子駅伝は14日、京都市の西京極陸上競技場発着の9区間、42・195キロで行われ、兵庫が2時間15分28秒で、2連覇した2004年以来14年ぶり4度目の優勝を果たした。

 5区で2位に浮上した兵庫は7区で樽本知夏(須磨学園高)が区間賞の走りで長崎をかわして首位に立った。8区の石松愛朱加(あすか=浜の宮中)も区間1位となるなど、リードを広げて逃げ切った。

 2連覇を狙った京都は1分13秒差の2位となり、さらに1秒差の3位に長崎が入った。昨年準優勝の岡山は4位だった。

◆若い力競合 「王国」復活

 アンカーの福田が後続にトラック1周の差をつけ、軽やかにゴールテープを切った。兵庫にとって実に14年ぶりの栄冠。榎本監督は「『陸上王国』と言われながら優勝が遠かった。本当に長かった」と感慨を込めた。

 中高生の走りが光った。実業団ランナーの多い1区で田中が5位と奮闘。6区の後藤がトップとの差を35秒も縮め、7区の樽本は早々と首位を奪い「どんどん離していこう」と一気に2位に27秒差をつけた。終わってみれば6、7、8区で区間賞。監督は「適材適所の配置ができた」と狙い通りの逆転劇を喜んだ。

 兵庫では西脇工と須磨学園が毎年激しく高校の頂点を争う。田中は「常に相手を意識するのはしんどいが、他県では経験できない緊張感がある」と相乗効果を語る。ライバル同士が手を組んでの優勝に榎本監督は「互いに切磋琢磨(せっさたくま)するのが兵庫の強さ」と目を細めた。

 今月17日に阪神・淡路大震災から23年を迎える。今回走ったメンバーは全員が震災後に生まれた。福田は「自分たちが頑張っている姿を見て、少しでも『私も』と思ってもらえれば」と言う。榎本監督は「震災とは切り離せない。力を合わせてアピールできたのは大きいこと」と使命感を口にした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報