東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

白鵬 無心の踏み込み

白鵬(左)が逸ノ城を寄り切りで下す

写真

◇大相撲初場所<2日目>

 横綱、大関陣が今場所初めて安泰。3横綱では、4場所連続休場から再起を期す稀勢の里が、昨年九州場所で黒星を喫した平幕北勝富士を力強く寄り切って初白星を挙げた。

 鶴竜は新小結貴景勝を押し出し、2場所連続41度目の優勝を目指す白鵬は平幕逸ノ城を寄り切ってともに2連勝とした。

 2大関は、高安が琴奨菊を、豪栄道は小結阿武咲をともに上手投げで下して2勝目を挙げた。関脇の御嶽海と玉鷲もそろって2連勝。

   ◇

 大銀杏(おおいちょう)が乱れるのもいとわなかった。巨漢の相手に頭をつけて攻める。正攻法を選択したのは慎重さの表れ。1分以上の長い取組で逸ノ城を寄り切った白鵬は「(相手に)力を出させないようにした」と攻防を振り返った。

 「踏み込めばどちらか(のまわし)が取れると思った。良いところが取れた」。立ち合いで得意の左前まわしを引いた。だが攻め急ぎは禁物。手足の長い相手のペースに引き込まれる。丁寧な取り口で胸を合わせて膠着(こうちゃく)状態に。タイミングを探り、左からの出し投げでバランスを崩すとすかさず頭をつけた。最後は右でもまわしを引き、幕内最重量の215キロを寄り切り。「また重くなったかな」と逸ノ城の成長ぶりに少し驚いた様子で語った。

 万全の体調で迎えた初日の朝稽古で落とし穴が待っていた。立ち合いの確認をしていたところ、古傷の右足親指を痛めた。親指の爪は青黒く変色したまま。回復具合は「日に日にという感じかな」。アイシングなどの治療をしながら土俵に上がっている。

 場所前に横綱審議委員会(横審)から苦言を呈された、かち上げや張り差しの荒々しい立ち合いは、初日に続きこの日も封印した。加えて前日とは異なり、迷いのない鋭い踏み込みが戻った。

 今場所は北の湖と並び史上1位の横綱在位63場所目。節目の場所で賜杯への意欲も大きい。慎重に、基本に忠実に。でも勝機は見逃さず、白星を積み上げる。(禰宜田功)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報