東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

大鵬の孫が白星デビュー 納谷、前相撲で初土俵

朝東(左)を突き出しで破る大鵬の孫の納谷=両国国技館で

写真

 初場所3日目の16日、昭和の大横綱大鵬の孫、納谷(17)=本名納谷幸之介、東京都出身、大嶽部屋=が前相撲で初土俵を踏み、朝東(高砂部屋)を突き出しで破って白星デビューを飾った。父も元関脇貴闘力というホープは「最初なので勝てて良かった」と初々しい表情で語った。

 身長188センチ、体重166キロ。恵まれた体格を生かした自慢の押し相撲で相手を一気に土俵下に転がした。「悔いの残らないよう一番一番前に出る相撲を取りたい」と将来を見据えた。

 この日の前相撲では、元横綱朝青龍のおいの豊昇龍(18)=本名スガラグチャー・ビャンバスレン、モンゴル出身、立浪部屋=も力強い取り口で相手を寄り切り、プロの第一歩を踏み出した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報