東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

白鵬休場 左足親指など負傷 大相撲初場所

横綱白鵬

写真

 大相撲の東横綱白鵬(32)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=が、初場所五日目の十八日「左母趾(ぼし)MP関節靱帯(じんたい)損傷、右母趾末節骨骨挫傷・爪下血腫で全治二週間を要する」との診断書を日本相撲協会に提出し、休場した。

 診断書によると、四日目に平幕嘉風に敗れて二敗目を喫した一番で左足親指を負傷。右足親指は初日(十四日)の稽古で痛めた。師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)は両方とも古傷とし「右足をかばって、左足も痛めてしまった。惨めな相撲を取ったら横綱として恥をかく。ちゃんと治してほしい」と述べ、三月の春場所出場に支障がない見解を示した。

 同親方によると白鵬は「本当は取りたかったけど、仕方ない。両足の親指に力が入らないのだから、相撲を取っても迷惑をかけてしまう」と十八日に話していたという。

 休場は二場所ぶり七度目。五日目の対戦相手、平幕琴奨菊は不戦勝。今場所の十両以上の休場者は五人目となった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報