東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

メドベージェワ「自分の道を行く」 SP2位発進 フィギュア欧州選手権女子

女子SPの演技後に舌を出すエフゲニア・メドベージェワ=モスクワで(タス・共同)

写真

 【モスクワ=共同】欧州選手権第2日は18日、当地で行われ、女子ショートプログラム(SP)で右足故障からの復帰戦の世界選手権女王、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)はダブルアクセル(2回転半ジャンプ)の着氷が乱れ、78・57点で2位発進となった。

 グランプリ(GP)ファイナルを初制覇した15歳のアリーナ・ザギトワ(ロシア)がほぼミスなしの演技を見せ、世界歴代2位の80・27点で首位に立った。2014年ソチ五輪銅メダルのカロリナ・コストナー(イタリア)が自己ベストの78・30点で3位。

 メドベージェワはひびが入った右足中足骨の治療のために昨年12月のGPファイナルとロシア選手権を欠場し、今季シニア転向のザギトワはメドベージェワ不在の2大会を含めて5戦全勝。平昌五輪の金メダル争いを占う直接対決は注目を集めており、20日(日本時間21日)にフリーに臨む。ペアはエフゲニア・タラソワ、ウラジーミル・モロゾフ組(ロシア)が合計221・60点で2連覇した。

◆フリー巻き返しへ

 女子SPを演じ終えると、思わず舌を出して悔しがった。世界選手権で2連覇中のメドベージェワはけがからの復帰戦で珍しくジャンプにミスが出て、練習クラブもコーチも同じザギトワにリードを許す2位発進。「ただ一言、不満。でも、ねじを締め直す時間はある」と前を向いた。

 演技後半にフリップ−トーループの2連続3回転ジャンプ、3回転ループを鮮やかに決めたが、最後のダブルアクセル(2回転半)で着氷が乱れた。ブランクを感じさせない滑りで魅了しただけに、手痛い取りこぼしに「自分自身に対して舌を出した」と明かした。

 来月に平昌五輪を控え、シニア転向の今季は無敗と勢いに乗る後輩のザギトワとの直接対決。「個人競技では競争が刺激となり、技量の向上につながる。どの選手も自分の滑りに集中している。私は自分の道を行く」と言った。

 右足中足骨のひびで治療に専念しただけに「試合が恋しかった。今はフィギュアに戻って来られてうれしい」。20日のフリーに向け「(回復後の)練習の日々でコンディションは良くなっている」と逆転での3連覇を目指す。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報