東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

堀島復活 W杯初優勝 モーグル第7戦

男子モーグルで初優勝した堀島行真=トランブランで(カナディアンプレス・AP=共同)

写真

 【トランブラン(カナダ)=共同】フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)は20日、カナダのトランブランでモーグル第7戦が行われ、男子は昨年の世界選手権で2冠に輝いた20歳の堀島行真(中京大)が93・88で優勝、W杯初勝利を飾った。

 堀島は予選を3位で通過。16人による決勝1回目は2位で突破し、上位6人の2回目は開幕6連勝のミカエル・キングズベリー(カナダ)を抑えた。キングズベリーは93・27点で2位。決勝1回目で敗れた遠藤尚(忍建設)は7位、四方元幾(愛知工大)は12位、原大智(日大)は13位。西伸幸(マンマーノフーズ)と藤木豪心(立命大)は予選落ちした。

 女子は2人が決勝1回目に進み、伊藤さつき(豊田鉄工)が11位、村田愛里咲(行学学園教)は16位だった。ジュスティーヌ・デュフールラポワント(カナダ)が今季初勝利で通算14勝とした。

 住吉輝紗良(北海道・倶知安高)伊藤みき(北野建設)星野純子(リステル)冨高日向子(白馬ク)は予選を突破できなかった。

◆五輪前最後の実戦 強敵撃破

 平昌冬季五輪前、最後の実戦で表彰台の真ん中に立った。男子モーグルの堀島は、昨季からW杯13連勝中だった地元カナダのキングズベリーを破って初めてW杯で優勝し「うれしい(気持ち)が一番先に来る」とあどけなさが残る顔を緩めた。

 決勝1回目で2位に入ると「ここで失敗したら、今までの自分と一緒」とさらに集中力を上げた。決勝2回目は第1エアで大技ダブルフルツイスト(伸身後方1回宙返り2回ひねり)の着地をこらえ、スピードに乗った。100点満点で93・88点をたたき出し、気持ち良さそうに歓声を浴びた。

 昨年3月の世界選手権で非五輪種目のデュアルモーグルと合わせて2冠を達成。だが期待されて臨んだ今季は序盤から低迷した。しかし、少しずつ修正を重ね、11日のW杯で今季初めて決勝2回目に進んだ。「しっかり攻めて高く飛んでゴールする。したいことをできるようになってきた」と言う。

 復活を待ち望んだ城コーチは「すごく考えるタイプ。本当に信じて良かった」と目を細めた。「残りの時間を大切にして金メダル目指して頑張る」と宣言する20歳の実力者が、新たな勲章と自信を得て平昌に乗り込む。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報