東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

松坂 中日「合格」 年俸1500万円

中日に入団が決まり、笑顔で質問に答える松坂=中日ドラゴンズ屋内練習場で

写真

 日米通算164勝を挙げ、昨季ソフトバンクを戦力外となった松坂大輔(37)の中日入団が23日、決まった。ナゴヤ球場の室内練習場で、非公開で行われた入団テストに合格。背番号は「99」に決定した。年俸は1500万円で、沖縄・北谷での1軍キャンプに参加予定。

 2015年に加入したソフトバンクでは右肩の故障に苦しみ、3年間で1軍登板はわずか1試合だった。テストでの加入については「諦めることはしたくなかった。投げ切って終わりたいという気持ちだけだった」と語った。中日の森繁和監督は「10勝、20勝しろ、とは言わない。これまでやってきたことがある。うちのチームでどれだけ出し切ってくれるか」と期待した。

 松坂は1999年、西武に入団し、06年までに108勝60敗1セーブの実績を残した。米大リーグのレッドソックスに移籍した07年はワールドシリーズ制覇に貢献した。大リーグでは56勝43敗1セーブ。(金額は推定)

◆「自分信じ進みたい」

 −森監督から合格を告げられたか。

 はっきり言われていない。「着替えてしっかり会見やってこい」と言われたので、そういうことかと。

 −どんな気持ちでテストを受けたのか。

 選手としてはプレーできる場所がないとどうにもならないので、その気持ちだけだった。

 −20年目に懸ける思いは。

 周りにどう見られようが、何を言われようが、やりきったと思えるまで自分を信じて進んでいきたい。先を見る余裕はない。一年一年が最後と思ってやる。

 −中日でプレーする。

 強く、いやらしいチーム。個人的には竜が好きでグラブにも刺しゅうを入れていたほど。何か縁があると思う。楽しみと不安があるが。早く溶け込み、名古屋の街になじめるようにやりたい。

 −実戦登板はいつごろか。

 監督から「いきたいタイミングでいっていい」と言われた。飛ばしすぎず、実戦に入っていけたら。

 −目標は。

 ここ何年も投げられていないので大きなことは言えないが、いろんな人に恩返しをするためにまず1軍のマウンドに立つことが目標。チームが少しでも上に行けるような存在になれるようにしたい。

 −ファンに向けて。

 晴れてドラゴンズの一員になった。たくさんの方にナゴヤドームに足を運んでもらえるように盛り上げたい。

 <まつざか・だいすけ> 横浜高で甲子園春夏連覇を遂げ、ドラフト1位で1999年に西武入団。3年連続で最多勝、最多奪三振4度などタイトルを獲得。2007年に米大リーグのレッドソックスに移籍し、メッツと合わせて8年間で56勝。15年にソフトバンク入りしたが、昨年で退団。06、09年のWBCで最優秀選手に輝き、五輪はシドニー、アテネの2大会に出場。日米通算164勝103敗。183センチ、93キロ。37歳。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報