東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

鶴竜悪癖…連勝止まる

玉鷲(手前)に押し出しで敗れる鶴竜。初日からの連勝は10で止まった

写真

◇大相撲初場所<11日目>

 横綱鶴竜が関脇玉鷲に押し出されて初黒星を喫し、平幕栃ノ心と1敗で並んだ。栃ノ心は平幕宝富士を突き落とした。

 大関陣は高安が平幕隠岐の海を突き出し、勝ち越しを決めた。豪栄道は平幕荒鷲の小手投げに屈し、2連敗で5敗となった。関脇御嶽海は正代に押し出され、4敗に後退した。

 2敗がいなくなり、鶴竜、栃ノ心を高安、平幕大栄翔が3敗で追う。十両は琴恵光が3敗で単独トップ。

◆「我慢できず引いてしまった」

 今場所ではこれまで、まったくと言ってよいほど見られなかった横綱の悪癖が顔をのぞかせ、致命傷になった。昨年の初、春場所で連敗している玉鷲に防戦一方で押し出された鶴竜。「我慢できず、引いてしまった」。本人だけでなく、敗因は誰の目にも明らかだった。

 立ち合いで突き合いになった。相手の圧力に面食らったのか、足がついて来ず両足がそろった。たまらず引いたところを一気に攻めたてられ、力なく土俵を割った。これまでも再三にわたって指摘された横綱の弱点。初日から続いていた連勝が10で止まり、うつむくようにして土俵を後にした。

 鋭い立ち合いからまわしを引く巧みさに加え、持ち前の俊敏さも戻り、前へ前へと後退せず白星を重ねてきた。勝ち星が2桁に乗ったことで安心したわけではないだろうが、いただけない内容に、八角理事長(元横綱北勝海)も「軽く勝とうというのが出ちゃった。もっと前に出てからの引きなら効くが、(あれでは)相手は乱れない」と指摘した。

 救いは本人が冷静に分析できていること。「こんな相撲を取っているようではだめ」と鶴竜。まだ栃ノ心と1敗で並んだだけ。優勝争いでトップに立っていることに変わりはない。

 連敗せず、10日目までの安定感のある相撲を取り戻せるか。横綱の精神力が試されている。 (禰宜田功)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報