東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

センバツ出場36校決まる 日大三20度目の選抜

センバツ出場を決め気勢を上げる、日置航主将(前列中央)ら日大三高ナイン=東京都町田市で

写真

 第90回選抜高校野球大会(3月23日から13日間・甲子園)の出場36校を決める選考委員会が26日、大阪市の毎日新聞大阪本社で行われ、史上3校目の春連覇に挑む大阪桐蔭や、昨秋の明治神宮大会で優勝した明徳義塾(高知)などが選ばれた。

 戦力以外の要素を加味する21世紀枠は、由利工(秋田)膳所(ぜぜ、滋賀)伊万里(佐賀)の3校が選出された。初出場は由利工、伊万里のほか、明秀学園日立(茨城)中央学院(千葉)日本航空石川、乙訓(おとくに、京都)おかやま山陽(岡山)下関国際(山口)松山聖陵(愛媛)富島(宮崎)の10校。

 滋賀からは21世紀枠の膳所を含め、近江と彦根東の3校が出場する。同一都道府県から3校が選ばれるのは、2001年の第73回大会の茨城(常総学院、水戸商、藤代)以来。前回大会からの連続出場は日大三(東京)静岡、大阪桐蔭、智弁学園(奈良)明徳義塾の5校となった。

◆昨春の雪辱誓う

 昨秋の東京都大会で優勝し、2年連続20度目の出場は確実な状況だった日大三。それでも吉報を聞くと、選手たちは一様にほっとした表情を浮かべた。

 1年前のメンバーより長打力は落ちるが、強打は受け継がれている。都大会決勝では1点を追う九回に一挙8点を奪って逆転勝ち。小倉監督は「昨年(度)のチームより劣るんだと(思って)、夏からよく練習してくれているし、連帯感がある」。この冬は2週間の強化合宿でバットを振り込み、さらに自信をつけた。

 昨春は1回戦敗退。当時からスタメンだった日置主将は「秋のような集中打を甲子園でも発揮できると思う。先輩たちの分も一つでも多く勝ちたい」。2年分の思いを込めて大舞台に臨む。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報