東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

栃ノ心が初優勝 平幕6年ぶり

初優勝を決め、天を仰ぐ栃ノ心=27日、東京・両国国技館で(平野皓士朗撮影)

写真

 大相撲初場所14日目は二十七日、東京都墨田区の両国国技館で行われ、西前頭3枚目の栃ノ心(30)=本名レバニ・ゴルガゼ、ジョージア出身、春日野部屋=が松鳳山を寄り切り、13勝1敗として初優勝を決めた。同国出身初の制覇で、欧州勢では3人目。平幕優勝は二〇一二年夏場所の旭天鵬以来6年ぶりとなった。

<栃ノ心剛史(とちのしん・つよし)> 西前頭3枚目。ジョージア・ムツヘタ出身、春日野部屋。柔道の元欧州ジュニア王者で06年春場所初土俵。08年初場所新十両。同年夏場所新入幕。10年名古屋場所新小結。13年名古屋場所で右膝に大けがを負い、4場所連続休場で幕下まで転落。16年名古屋場所新関脇。優勝1回。敢闘賞5回、技能賞1回。得意は右四つ、寄り、上手投げ。192センチ、177キロ。30歳。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報