東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

ロゴ「先住民族の長」インディアンス廃止 来季ユニホームから

写真

 【ニューヨーク=共同】米大リーグ機構のマンフレッド・コミッショナーとインディアンス球団は29日、来季のユニホームから「先住民族の長」をあしらったロゴ=写真、AP・共同=を取り除くと発表した。

 インディアンスは弱小球団が強豪へと成長を遂げる姿を描き、日本でも大ヒットした映画「メジャーリーグ」のモチーフとなったことでもなじみが深い。赤色の顔に白い歯を見せ、頭に羽根を付けたロゴは先住民族をイメージするもので、廃止を要求する運動が度々起こってきた。

 球団は当面、本拠地クリーブランドの頭文字「C」を主要なロゴとして使用する。チーム名を変更する予定はないという。

 おなじみのロゴを使用する最後の年に1948年以来のワールドシリーズ制覇となればまさに映画のようだが、果たして実現するか。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報