東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

理事候補選 貴乃花親方が立候補へ 一門から別候補も

 二月一日に立候補届が受け付けられる日本相撲協会の理事候補選挙へ向け、貴乃花一門から貴乃花親方(45)=元横綱、阿武松親方(56)=元関脇益荒雄=が立候補することが三十日、協会関係者の話で分かった。同日に東京都内で開かれた一門の会合で最終決定した。これで六つの一門からの立候補者は定員十人を上回る十一人の方向となり、五期連続の投票に持ち込まれることが確実になった。投票は二月二日に実施。関係者によると、貴乃花親方は一門内の支持票が少なく、当選は厳しい情勢とみられる。

 貴乃花親方は昨年十月の秋巡業中に起きた元横綱日馬富士の暴行問題を、巡業部長でありながら相撲協会への報告を怠ったなどの理由で今月四日に初の理事解任処分を受け、役員待遇委員に降格となった。貴乃花一門は世間を騒がせた事態を考慮し、今回は阿武松親方の擁立で一本化。三十日の一門会では貴乃花親方に自重を促す意見もあったが、立候補への意思が固かったという。

 また無所属ながら貴乃花一門の会合に出席した錣山親方(54)=元関脇寺尾=が副理事候補選挙に立候補することも協会関係者の話で分かった。副理事候補選も定員三人を上回る四人が出馬する予定で投票となる。

 貴乃花親方は二〇一〇年から四期連続で理事を務めてきた。阿武松親方は初の立候補となる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報