東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

相撲協会 理事候補選に11人 あす投票、貴乃花親方ら届け出

 日本相撲協会は一日、東京・両国国技館で役員候補選挙への立候補を受け付け、理事候補には定数十人を上回る十一人が届け出て、二〇一〇年から五期連続で投票に持ち込まれることが決まった。投票は全親方百一人により二日に行われ、即時開票される。

 六つの各一門がそれぞれ候補者を擁立。八角理事長(元横綱北勝海)や、元横綱日馬富士の暴行問題に絡んで一月に理事を解任された貴乃花親方(元横綱)、部屋の元力士による傷害事件が明らかになった春日野親方(元関脇栃乃和歌)らが届け出た。初の立候補は芝田山親方(元横綱大乃国)と阿武松親方(元関脇益荒雄)の二人。

 定数三人の副理事候補にも四人が立候補し、二日に投開票される。理事候補選挙の当選者は、評議員会の承認を経て三月の春場所後に就任し、新たな理事らが理事長を互選する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報