東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

投げ合い制しイーグルス世界王座 スーパーボウル

スーパーボウル初制覇を決め、最優秀選手に選ばれたイーグルスのQBフォールズ(AP・共同)

写真

 【ミネアポリス=共同】米NFL王者を決めるスーパーボウルは4日、ミネアポリスで行われ、ナショナル・カンファレンス(NFC)のイーグルスがアメリカン・カンファレンス(AFC)のペイトリオッツを41−33で破り、初制覇。最優秀選手には3TDパスに1TDレシーブのフォールズが輝いた。

 ◇ 

 32−33の第4クオーター残り2分21秒、イーグルスのQBフォールズがフィールド中央へ値千金の逆転TDパスを通した。本来は控えの伏兵が、史上最高と呼ばれる敵軍の司令塔を上回った瞬間だ。ペイトリオッツのQBブレイディとの投げ合いを制したスーパーボウル最優秀選手は「瞬間、瞬間でベストを尽くすことだけを考えていた。その結果が世界王座だ」と感激に浸った。

イーグルスに敗れ、引き揚げるペイトリオッツのQBブレイディ=ミネアポリスで(AP・共同)

写真

 初の大舞台にもかかわらず、重圧とは無縁のようだった。「スーパーマンになる必要はない」と仲間を信じ、自らの役割に没頭した。パスで373ヤード、3TD。前半終了間際にはトリックプレーでTDパスの受け手にもなった。

 かつてはオールスター戦にも選ばれた実力者が2季前にラムズを自由契約となった。「つらかったが、最高の経験でもあった」という試練を乗り越え、フットボールへの情熱を取り戻し、人間的にも成長。正QBウェンツの負傷で回ってきた舞台で輝いた。

 普段は日の目を見ない存在が主役となって古豪に初の栄冠をもたらした。「われわれは世界王者になることをずっと待っていた。その一員でいられることに感謝している」と誇らしげだった。 (共同)

◆ブレイディが最年長MVP

 米NFLの各賞が3日発表され、最優秀選手(MVP)にペイトリオッツのQBトム・ブレイディが選ばれた。7季ぶり3度目の受賞で、40歳での受賞は史上最年長となった。ブレイディは今季パスでリーグ最多の4577ヤードを獲得。チームを2季連続でスーパーボウルに導いた。

 最優秀監督は、就任1年目でラムズを13季ぶりのプレーオフに導いたショーン・マクベイ監督。最優秀攻撃選手はRBトッド・ガーリー、最優秀守備選手はDTアーロン・ドナルドと、ともにラムズから選ばれた。 (ミネアポリス・共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報