東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

「優勝しか考えていない」 ヤクルト青木が入団会見

入団会見で背番号「23」のユニホームを披露するヤクルト・青木=那覇市内のホテルで

写真

 米大リーグのメッツを自由契約になり、7年ぶりに古巣のヤクルトに復帰した青木宣親外野手(36)が6日、那覇市内で入団会見し「やり残したことはこのチームで優勝すること。ヤクルトを優勝させることしか考えていない」と誓った。

 3年契約で総額10億円。背番号は新人だった2004年から6年間付けていた「23」。会見ではユニホーム姿を披露し「しっくりきている」と笑顔を見せた。

 青木は早大からドラフト4巡目でヤクルトに入団。2年目にレギュラーに定着し、05、10年にはシーズン200安打をマークした。12年にポスティングシステム(入札制度)を利用して大リーグのブルワーズに移籍。昨季は6月にアストロズで日米通算2000安打を達成したが、その後は出場機会に恵まれずに、ブルージェイズ、メッツと渡り歩いた。

 7日のキャンプ第2クール初日からチームに合流する。 (金額は推定)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報