東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

白鵬、横綱最長64場所 貴ノ岩は西十両12枚目 春場所新番付

 日本相撲協会は26日、春場所(3月11日初日・エディオンアリーナ大阪)の新番付を発表し、横綱白鵬が北の湖を抜き、単独史上1位の在位64場所目を記録した。先場所は途中休場で西に回った。東の正位は7場所ぶりに鶴竜が返り咲き、5場所連続休場中の稀勢の里が東の2番目。

 初場所で6年ぶりの平幕優勝を遂げたジョージア出身の栃ノ心は10場所ぶりに関脇復帰。

 大関陣は先場所12勝の高安が東、豪栄道が西。小結は東の逸ノ城が17場所ぶり、西の千代大龍が21場所ぶりに返り咲いた。

 元横綱日馬富士の暴行問題の被害者で、先場所全休の貴ノ岩は特別措置で十両に据え置かれ、東3枚目から西12枚目に下がった。照ノ富士が大受、雅山、把瑠都に次いで大関経験者として4人目の十両転落。新十両は弟の貴源治と史上初の双子関取が実現した貴公俊(たかよしとし)と、金沢学院大出初の関取で初土俵から最速に並ぶ所要6場所で昇進した炎鵬(えんほう)(年6場所制となった1958年以降で最速。幕下付け出しは除く)の2人。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報